サイレントウィットネス引退

全盛期のサイレントウィットネスは強かったですね。
勝ったスプリンターズステークスもそうでしたが
距離不安がささやかれた安田記念の粘り腰にしびれました
セン馬なのでけっこう引っ張って使われましたが最後は
やはり息切れで有終の美とは行きませんでしたね

競馬実況名言集2000〜...

なつかしのシーンが蘇ってきますね^^
やはり実況がいいと、記憶にも鮮烈に残ります。

nW2000`....jpg
ユーチューブ動画を見る

1999年:アドマイヤベガ

Ah}CxK.jpgここで初めて2番人気になるが、馬体重を+10kgと体調を戻してきた。道中は後方に控え、最後の直線で先に抜け出したテイエムオペラオー・ナリタトップロードの二頭を大外から後方一気の末脚でかわし、当時アイネスフウジンが持っていたレースレコードタイ記録(2:25.3)で優勝し、1996年生まれ8845頭の日本産サラブレッドの頂点に立った。この時の三宅正治アナウンサーによる実況「母ベガの二冠達成から6年!またもその息子が輝く一等星に!」はファンの間では語り草となっている。このレースで(前年スペシャルウィークに続いて)武豊は史上初のダービー連覇を達成した。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る

2000年:アグネスフライト

AOlXtCg.jpg比較的遅い3歳の2月、京都競馬場で行われた新馬戦を勝利する。2戦目の若葉ステークスでは12着に敗れ皐月賞には出走できなかったが、若草ステークス、京都新聞杯を制し、東京優駿(日本ダービー)への出走権を獲得した。東京優駿では同競走三連覇のかかった武豊と皐月賞優勝馬エアシャカールを直線で猛然と追い上げハナ差で勝利した。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る

2001年:ジャングルポケット

WO|Pbg.jpgアグネスタキオンが屈腱炎を発症し引退。それを受けて次の東京優駿(日本ダービー)では、1番人気に推され、2番人気にはNHKマイルカップを制したクロフネが続いた。レースではジャングルポケットは直線で伸びて2着のダンツフレームに1 馬身1/2差をつけて21世紀最初のダービー馬となった。ウイニングランの場面では大歓声に答えるように雄たけびを上げる姿が見られた。本来臆病な種族である馬は、このような大歓声に驚き、パニックに陥ることがほとんどである。にもかかわらず角田晃一はなだめるそぶりも見せず、逆に観客のほうへ歩み寄せた。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る

2002年:タニノギムレット

^jmMbg@.jpgここでも1番人気に推され、いつもの通りの後方待機から直線に向くと直線坂下から末脚を繰り出し、後に2年連続JRA賞年度代表馬となるシンボリクリスエスを差し切り優勝した。これで鞍上の武豊は史上初の東京優駿3勝目を挙げる。なお、レース前にタニノギムレットについて「馬は絶好調だし心配することはほとんどないが、杉本さんの◎(馬券予想で本命印)だけが唯一心配だ」と関係者が揃って言っていた。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る

2003年:ネオユニヴァース

neouniverse.jpg重馬場の中、後に天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念を3連勝するゼンノロブロイを破って2冠を達成し、デムーロは外国人騎手初のダービージョッキーとなった。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る

2004年:キングカメハメハ

LJ.jpg京成杯2着のマイネルマクロスが後続を引き離して1000m通過が57秒6という超ハイペースとなった。残り600mでホッカイドウ競馬から参戦した2番人気のコスモバルクが押して先頭に立つが、道中を中団で進んだキングカメハメハは直線で早めに先頭に立つと、先行したコスモバルクらが失速するのを横目に、見事な脚を繰り出しそのままゴール板を先頭で駆け抜けた。東京競馬場改修工事直後ということもあって勝ち時計は2分23秒3(良)と、アイネスフウジンのレースレコードを14年振りに、2秒も更新するタイムを記録した。またこの勝ち時計は、コース改修後は新たにレコードタイムを記録し始めるため、翌2005年アルカセットが更新するまで、東京競馬場芝2400mのレコードとなっていた。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る

2005年:ディープインパクト

fB[vCpNg.jpg当日の東京競馬場には14万人もの観衆が押し寄せた。左回りコースは初出走となったが単勝支持率は73.4%(オッズは1.1倍)とハイセイコーの持っていた当競走における単勝支持率最高記録を更新する人気となった。スタートはまたしても皐月賞同様に出遅れたが、道中は後方につけ、直線では先に抜け出したインティライミに残り200m地点で並んでから同馬を突き放して5馬身の差をつけ、前年のキングカメハメハに並ぶ2分23秒3のレースレコードタイで優勝し、1992年のミホノブルボン以来となる史上6頭目の無敗の二冠を達成した。
日本ダービー:ユーチューブ動画を見る
ようつべ(YouTube)競馬 必見!ようつべ競馬動画HOMEへ

米国カリフォルニアのユーチューブ(ようつべ))社が運営する、動画共有ポータルサイトで、他の動画共有サイトとしてはGoogle VideoやDailymotionなどがあります。

ユーザーがアップロードした動画がFlash Video形式(.flv)に変換された後に、公開され最先端のWeb2.0的なサイトとして評価が高いものです。

Flashプレイヤーを用いて動画を再生しますので、Flashをインストールしていれば誰でも動画を再生することができます。(ほとんどの場合Flashはすでにインストール済です)

アップロード時に、著作権者に無断で動画をアップロードしないよう警告されるが、実際には世界中のありとあらゆるテレビ番組やコマーシャル、ミュージッククリップ等がアップロードされ非限定で公開されており、無法地帯と化しているとの見方もある。

そして誰でも自由に動画を投稿できます。なので不特定多数に見られてもいいような内容なら友達同士でシェアするのにも便利です。

ただし、誰でも投稿できるところから、著作権侵害が疑われる物がたくさんありますこれを受けて2006年3月28日、アップロードできる動画ファイルの長さが10分間までに制限された。

しかし一方で、YouTubeユーチューブ(ようつべ))はメディアとしての訴求力の高さから、ディズニーやナイキなどの企業がYouTubeユーチューブ(ようつべ))のナショナルクライアントとなり、広告やリッチメディアコンテンツを導入している例も。

これは多くの動画がユーザ個人の投稿や、Trailer(予告編)ということも関係あります。

ネットスラングでは「ようつべ」(YouTubeユーチューブ(ようつべ))のローマ字読み)などと書かれることも。

また当然ながら、動画はすべて無料です

ユーチューブ史2005年2月 - 会社設立。

ようつべ史2005年11月7日 - ベンチャーキャピタルのSequoia Capitalから350万ドルの投資を受ける。

youtube史2006年2月16日 - NBCが著作権の侵害として、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」の「Lazy Sunday」の映像を削除。大手のテレビ局からの要請による動画削除はこの件が初めてであった。

ようつべ史2006年3月27日 - 10分を超える動画ファイルのアップロードを制限。

ユーチューブ史2006年4月5日 - Sequoia Capitalから800万ドルの投資を受ける(二度目)。

youtube史2006年4月10日 - Director制度開始。

ようつべ史2006年6月15日 - 大規模な違法コンテンツ(アニメなど)の削除活動が始まる。

ユーチューブ史2006年6月24日 - 音楽家専用のアカウントを作れるMusicians制度が始まる。

youtube史2006年6月27日 - かつて否定的な立場をとっていたNBCユニバーサルが一転し、提携を発表。自局番組の宣伝動画などの配信を始める。

ようつべ史2006年7月14日 - ニュース記者のロバート・ターが著作権侵害でYouTubeに対し米連邦地裁で訴訟を起こす。

ユーチューブ史2006年8月4日 - メンテナンスを行い、デザインをリニューアル、新機能が追加された。

youtube史2006年9月中旬 - プレイヤーのデザインを再びリニューアル。

ようつべ史2006年10月上旬 - 会社をカリフォルニア州サンブルノに移転。

ユーチューブ史2006年10月2日〜6日 - 日本の著作権関係権利者団体・事業者(テレビ局など)が集中的に削除要請を行い、約3万件のファイルが削除される。

youtube史2006年10月9日 - Googleが16億5000万ドルでYouTubeを株式交換で買収した。但し、ブランド名やサービスなどは既存のままであり、Googleのグループ会社になる。ちなみにこのうちの2億ドルが訴訟対策費用となる予定。

ようつべ史2006年10月 - QuickList機能が追加される。

ユーチューブ史2006年11月6日 - Time誌の「Invention of the Year for 2006」に選ばれる。

youtube史2006年12月7日 - 新サービスの実験用サイトとしてTestTube(テストチューブ)を開設。最初の実験として、チャットルームで同じ動画を鑑賞、感想を書き込むなどが可能な「Stream」を公開した。

ようつべ史2006年12月17日 - Time誌の表紙として、YouTubeの動画メニューの画面が飾った。これは、この年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた「You」の意味の1つに「YouTube」も含まれることからである。

ユーチューブ史2007年2月6日 - YouTubeチャド・ハーリーCEOと親会社のGoogleの幹部が来日し、日本の著作権団体と協議。

youtube史2007年3月19日〜25日 - ユーザ投票で2006年の最優秀動画を決定する「YouTube VIDEO AWARDS」が行われた。

ようつべ史2007年3月22日 - 民間調査会社のネットレイティングスの発表で日本国内家庭からの利用者が1000万人を超えた。

サイト内人気記事

  • seo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。